赤ちゃんの脂漏性湿疹の原因と治し方&スキンケアの大切さ

赤ちゃんの肌荒れや肌トラブルが起こる原因や種類とその対策方法おすすめのスキンケアなどをお伝えしています

ステロイドはコワい?軟膏の種類や副作用など

赤ちゃんでも湿疹の具合が酷かったり、アトピーになるとステロイド剤を処方される事が普通にあります。赤ちゃんにステロイド剤なって使っても大丈夫?使いたくないと言うママも多いハズ。

 

でもステロイド剤は本当にコワいんでしょうか?ステロイド剤の種類や副作用などはどんなものがあるんでしょう?知っていますか?

Sponsored Link  

ステロイドはコワい?ステロイド軟膏の種類は?

赤ちゃんステロイド副作用

ステロイド軟膏は強さに応じて5段階になっており、強い2段階を除く、3段階までのものは薬局で購入できる様になっています。

 

でも赤ちゃんの場合は、病院で処方して貰ってくださいね^^

 

ステロイド剤の強さですが、強さとは肌に吸収されやすいかどうか?と言う事で吸収されやすいほど、効き目はあるが副作用が強くなってしまいます。

 

強さ:ウィーク一番弱いもの 軽い症状の時に使われる

  • プレドニゾロン軟膏 
  • ネオメドロールEE軟膏 
  • プレドニン軟膏 
  • コルテス軟膏・クリーム 
  • オイラックスH軟膏
  • テラ・コートリル軟膏
  • ムヒα(市販)
  • オイチミンD(市販)
  • オイラックスデキザS(市販)

強さ:ミディアム:大人子どもとも2週間以内まで

  • キングローン軟膏 
  • アルメタ軟膏 
  • ロコイド軟膏
  • パルデス軟膏 
  • キンダベート軟膏 
  • プランコール軟膏 
  • レダコート軟膏

アンテドラッグ(皮膚上では効果があるが吸収されると作用がなくなるもの)

  • ムヒアルファES(市販)
  • メディクイック(市販)
  • オイラックスPA軟膏(市販)
  • アレルギールSK(市販)
  • テレスHi(市販)

強さ:ストロング:大人は2週間以上、子供は1週間以上はダメ

  • ユーメトン軟膏
  • リドメックス軟膏
  • リンデロン軟膏VG
  • ベトネベート軟膏(市販)
  • フルコート軟膏(市販)
  • ボアラ軟膏膏
  • リンデロンV軟膏
  • プロパデルム 軟膏
  • ベトノパール軟膏
  • ザルックス 軟膏

強さ:ベリーストロング:1週間以上継続しないこと

  • メサデルム軟膏
  • アンテベート軟膏
  • パルデン軟膏
  • トプシム軟膏
  • リンデロンDP軟膏
  • ネリゾナ軟膏
  • マイザー軟膏
  • フルメタ軟膏
  • ビスダーム軟膏
  • ユートロン軟膏
  • ハーユロン軟膏
  • ソロミー軟膏
  • プデゾン軟膏

強さ:ストロンゲスト:最も吸収されやすく1週間以上は続けないこと

  • コスベートGクリーム
  • デルモベート軟膏
  • ハロベートクリーム
  • ハロベート軟膏
  • ジフラール軟膏
  • ダイアコート軟膏

などがあり、短期間で治すために処方されるのでダラダラ使うと副作用が出て来ます。ではステロイド剤の副作用ってどんなものがあるのでしょうか?

Sponsored Link  

ステロイドの副作用とは?

ステロイド種類副作用

ステロイド剤はアレルギー状態を起こしている炎症を早く沈めるために処方されます。炎症が長引けば長引くほど、損傷や刺激に触れる事で悪化して治りにくくなるからです。

 

特に皮膚は炎症が起こると、肌のバリア機能が壊れてしまうために、服が触れたり紫外線に当たったりと、何もしていない様で常に刺激物が当たってしまう状況が多くなります。

 

そうすると治りにくくなり、バリアが壊れるほど痒みが出てかいてしまう。そうするとバリアが余計に壊れてしまって悪化し、肌の組織もボロボロになり治りにくくなると言うサイクルになってしまうのです。

 

そのため、早く治して酷くなるのを防ぐためにステロイド剤が短期投入で使われるんですね。

 

気になる副作用ですが2つあり、必要以上に長期間使っていると皮膚細胞の増殖が抑えられてしまい、皮膚が薄くなってきます。

 

皮膚が薄くなってしまうと皮下血管が肌に浮き出る程になってしまいます。この副作用の症状は顔ではほっぺた、体では前胸部、肘部、指先などで生じやすくなります。

こんな感じ↓で血管が浮き出して見えてしまうのです。

f:id:keisan21:20170603194329p:plain

もう1つの副作用は肌の免疫系が抑えられてしまうため、使うとニキビの様なステロイド挫創と言うものができてしまう場合があります。この2つが大きな副作用で、他に言われているものは、慢性化したアトピーや皮膚疾患で起こるものだったり、誤解の方が多いのです。

 

陽に当たると色素沈着を起こす、皮膚萎縮、黒くなるなどは、もう何年も皮膚疾患が長引いていて、使い続けている場合で常に肌をかきむしっている時などには考えられますが、通常ではこの様な事は起こりません。

 

この様に皮膚疾患を繰り返さないためにも、毎日のスキンケアでしっかり強い肌の土台を作る事が大切になるのです^^

 

土台がしっかりしていると、バリア機能が強くなってくるので少しくらいの刺激には負けなくなりますが、常に肌がカサカサで乾燥している場合は、バリアが薄く弱いためにちょっとの刺激で皮膚疾患になってしまい、またバリアが弱いので繰り返したり、悪化しやすくなってしまうのです。

 

もしステロイド剤を処方された場合は、赤ちゃんの肌は薄いため薬の吸収が良いため、少しの量でよく伸びますから、少しをよーく伸ばして、使用回数を守っていち早く炎症を沈めてあげてください。

 

ステロイドの副作用は使い続けた時だけです。使わずに炎症が続くと余計悪化して酷くなる場合もありますから、怖がらずに使ってください。ママが薬に翻弄されず上手く操作していち早く治してあげる事が一番大事なことだと思います^^